アジラプレス

毎度アジラとうございます!こちらはアジラの広報メディアです。

『中小企業 新ものづくり・新サービス展』に出展(12/7@ビッグサイト)

f:id:asilla:20171128195419j:plain

12月7日(木)、東京ビッグサイトで開催される『中小企業 新ものづくり・新サービス展  』の富士通ブースにおきまして、町田市、富士通、アジラが実証実験を行った以下のAIを活用した市民参加型見守りサービスを出展いたします(実際に実証で使ったサービス稼働させる予定です)。

町田市は、富士通株式会社・株式会社アジラと連携し、
ICTを活用した帰宅困難者を見守るサービスの実証実験を行います

 町田市は、富士通株式会社(注1)(以下、富士通)のクラウド型IoTデータ活用基盤サービス「FUJITSU Cloud Service K5 IoT Platform」と、創業支援施設「町田新産業創造センター」に入居する株式会社アジラ(注2)(以下、アジラ)の画像認識技術を活用し、富士通、アジラの両社にて共同で開発した、帰宅困難者を見守るサービスの実証実験を行います。

 この実証実験は、町田市の中心市街地において、町田市認知症サポーターなどの協力を得て行います。サポーターが専用アプリをインストール済みの自身のスマートフォンで撮影した帰宅困難者役の画像と位置情報を「K5 IoT Platform」にアップロードし、家族役によって事前に登録された帰宅困難者役の画像とのマッチング情報を家族役に通知して位置を確認することで、サービスの有用性を検証します。

出典:町田市は、富士通株式会社・株式会社アジラと連携し、ICTを活用した帰宅困難者を見守るサービスの実証実験を行います : 富士通  

当日は、弊社の代表がブースに常駐しておりますので、ビッグサイトに起こしの際はぜひお声がけくださいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

<メディア掲載>

 


Asilla, Inc. believe change should be expected, embraced and incorporated continuously through development and innovation, because good software is never finished.

日本のフリーエンジニア曰く『あれ?思ってたイメージとぜんぜん違う。いいね、ハノイ!行こうかな』

f:id:asilla:20171118161627j:plain

こちらはハノイ(ベトナムの首都)に最近できたコワーキングスペースです。

こういったファシリティーが増えるたびに、ハノイのスタートアップ界隈が活性化していくのを肌で感じることができますね。

弊社は今年トヨタビルに引っ越したばかりですが、「次はここにしようか」みたいな話になりました(笑)

いい仕事をするために、快適で飽きの来ないファシリティーは必要不可欠ですし、自分たちが「成長している」と実感するのにオフィスの役割は大きいと考えています。

こちらのムービーを見ていただくと「こんなところで仕事するのいいかも・・」って、ちょっと思ってしまいます。

 

『KiCoworking Space』  

実際、ほぼリモートワークでフリーのWebエンジニアをしている日本のG氏に送ったところ、「あれ?思ってたイメージとぜんぜん違う。いいね、ハノイ!行こうかな」となり、来年ハノイに下見に来ることになりました。

おいで、おいで。

優秀な技術者はみんなハノイに来たらいいですね。

ただし、自己責任だからご利用は計画的に。 

★海外で働くメリット/デメリットはこちらなどをご覧ください。

ベトナム3年の僕が海外で働くメリット・デメリットを教えます! – 東南アジアの中心で仮想通貨を叫ぶ / でんちゅうのブログ  

 

フリースペースの料金は、本日レートでだいたい以下の通りです。

  • 35.000đ/giờ ・・・ 約172円/1時間
  • 120.000đ/ngày・・・約600円/1日
  • 300.000đ/3 ngày・・・約1500円/3日
  • 1.800.000đ/tháng・・・約9000円/1ヶ月

その他、大小様々なサイズのブース(個室タイプ)もあるので、スタートアップの成長プロセスにフィットしたサイズが選べる模様。

 

さて、先日そのコワーキングスペースでAIやVRのライトニングトークイベントがあり、弊社メンバーも登壇させて頂きました。

主催はご存知「Innovatube  」さん、一言でいうと "Platform for early stage startups" と、「Framgia  」さん。一言で言うと"From Asia to the World "です。

いつもお誘い頂きありがとうございます!

f:id:asilla:20171118121021j:plain

今回、弊社AIリサーチャー Mr.Hung が、デモを交えて Object Detection の話をしました。今回の登壇者の中で、実際にデモを動かしたのは弊社だけであり、理論のみならず実践でどのように使われているか、といったところまで言及できたことは高い評価に繋がった模様。

Phần trình bày tiếp theo của anh Phạm Văn Hưng — công ty Asilla Vietnam, về Ứng dụng Deep Learning giải quyết bài toán Object Detection. Theo Anh Hưng, object detection hiện đang phát triển rất mạnh mẽ trong nhiều năm qua, sau đó giải thích công nghệ Deep Learning đã áp dụng thế nào cho hoạt động Object Detection, và đưa ra ví dụ mô phỏng nhận dạng trang phục.

出典:Điểm lại Lightning Talk — Sự kiện về công nghệ Trí tuệ nhân tạo Nhận dạng và Kinh nghiệm phát triển…  

 

f:id:asilla:20171118121034j:plain

デモの画像に、みんな大好き Ngọc Trinh さん(セクシー女優?タレント?)を使うあたり、プレゼン・センスが光ります。

ngoc trinh - Google 検索  

 

以下がその時の様子です。

 

f:id:asilla:20171118121049j:plain

遊びココロを忘れないオフィスっていいですよね。

 

以上、ハノイからお伝えしました。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

追伸)同日、ハノイのオペラハウスで開催された「トヨタ・クラシック2017  」に行って参りました。欧州の一流オーケストラの音楽をハノイで聴ける喜びを感じるとともに、ASEAN全域の文化・芸術のレベルを引き上げる、このような活動を日本企業がスポンサードしていることを誇りに思うとともに、リスペクトします。

f:id:asilla:20171118121027j:plain

オペラハウス(著者撮影)

ベトナムメディアに自社の記事を載せてもらう3つのメリット

f:id:asilla:20171117183550j:plain

いまや、多くの日本企業がベトナムに何らかの関係があると思いますが、そんな企業にお勤めの広報の皆さん、いまプレスリリース配信サービスって、どちらのサービスをお使いですか?

対日本メディアですと上場企業の「PR TIMES」さんや老舗の「@Press」がメジャーどころですが、ここベトナムには(アジラの知る限り)ありませんでした。

メディア規制の強い社会主義国家ゆえに、大小様々な壁がありそうです。

そんな中、その壁をひょいと乗り越えてくれたのが『ベトナムプレス  』です。弊社・広報戦略アドバイザーの和島氏が代表をつとめるVEHO Works Co,.Ltdのサービスです。

さっそく配信をお願いしたところ、多数メディアに掲載して頂きましたので、それによってどういった効果が見られたのかをレポートさせて頂きます。

掲載メリット

①従業員満足度UP

誰でもそうだと思いますが、自分が携わった仕事がメディアに載ったり、ソーシャルメディア上で(良し悪し問わず)評価してもらえるのは嬉しいものです。

弊社の場合、クライアントと共同開発という座組が多く、ボトムアップで技術提案が取り入られれることもたびたびあるため、大手技術系メディアへの掲載は喜びもひとしお。

②採用の効率UP

メディア掲載の翌日にフェイスブックにメッセージが入ります。「雇ってもらえますか?」と、履歴書・業務経歴書添付で。

掲載された内容(弊社の場合だと画像認識系)をみて応募してくるため、その分野に興味と自信があるケースが多いためマッチング率が高く、効率よく優秀な技術者を採用できます。

先月から弊社にジョインしている機械学習の修士、ヴァン女史もメディアをご覧になって連絡くれました。

③営業の効率UP

ベトナム国内の企業からのオファーがありました。

通年の売上が数兆円あるようなグローバル大企業です(正直ビックリ)。

掲載実績

以下に掲載実績を転載させて頂きます。

f:id:asilla:20171117192002j:plain

(出典:「ベトナムプレス」の公式サイトから)

弊社の他にも、既に電子ナンバーワンの企業様や、金融大手企業様、さらにはフランジア・ベトナムさんもお使いの様子で、ベトナムプレスは今後大きな成長を遂げるのではと見ております。

また、例えばベトナムでオフショア開発をしている企業も、ASEANをいずれ消費マーケットとして捉えるのであれば、今のうちからプレスを打って下地を作っておくのはありだと思います。

Launch Event !!

シェラトンホテル・ハノイでローンチイベントを開催!

Service Launch Event ~You meet Vietnamese Media~
2017/11/29 (Wed)18:00 ~ @Sheraton Hotel Hanoi

詳細はこちらとのこと。

VP Launch Event - ベトナム初のプレスリリース配信、広報支援サービス|Vietnam Press  

本イベントには弊社からも日本法人代表(木村)、ベトナム法人代表(ハイ氏)とマーケター(G.A.)の三名で参加させて頂く予定です。

ベトナムプレスに(ついでにアジラにも)ご興味のある方は、ぜひお話をさせて頂ければと存じます!

 

以上、ハノイからお伝えしました。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 追伸)

「絶対に勝てない」そうです。

logmi.jp