アジラプレス

毎度アジラとうございます!こちらはアジラの広報メディアです。

アジラ、ディープラーニングで株式会社エイチビーラボ社と業務提携

 株式会社アジラ (本社 東京都町田市、代表取締役 木村大介)は2017年10月1日付けで、株式会社エイチビーラボ (本社 ベトナム・ハノイ市、70名/代表取締役 グエン・フィ・ タン)と、ディープラーニング技術分野で包括的な業務提携を致しました。

 今後ますます増加の一途をたどる日本国内・ベトナム国内のディープラーニング技術分野の需要に対し、双方の知見と技術を持ち寄って、これに対応していく考えで合意致しました(提携内容の詳細は後述)。

 今後、双方協力の上で、社会に貢献するAIの開発に邁進して参る所存であります。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

エイチビーラボ代表からのコメント

 弊社は2015年の設立以降、日本のお客様向けのオフショア開発を行っております。
 第四次産業革命が産業を大きく変革していく中で、HBLABも人口知能(AI)分野に力を入れております。

 今後は株式会社アジラと業務連携して、それぞれの顧客基盤・ノウハウを相互に活用し、両者の強みを生かした新しい人口知能(AI)分野のサービス開発と運営を行ってまいります。

会社概要

商号   : 株式会社エイチビーラボ (HBLAB)
代表者  : 代表取締役会長 グエン・フィ・タン
所在地  : 7th Floor, Hoang Ngoc Building, Lot C2C, lane 92, Tran Thai Tong Street, Cau Giay Distric, Ha Noi
設立   : 2015年05月
事業内容 : 受託開発事業、 ゲーム運用・保守事業、AI R&D
資本金  : 300万円
従業員数 : 70名(非正社員含む)
URL   : http://hblab.vn

提携内容

以下の内容で提携を行う。

  • アジラとハノイ工科大学との産学連携に加入
  • アジラAIプラットフォーム「AIR」の運用・販売の支援
  • 画像認識技術に関する相互支援
  • 行動認識技術に関する相互支援

ハノイAI連携構想案

この提携の基本的なビジョンは「ハノイを人工知能開発の聖地にしよう」という構想をベースにしています。そのコンセプトは以下の通りです。

①当該ビジョンに賛同する企業で緩やかな連携体を組成

②連携体のなかで知識やノウハウを共有・強化

③各自が他の企業にも広める

ハノイ市内のソフトウェア企業及び、ハードウェア企業あわせて6社がビジョンを共有し、ともに成長していこうという戦略的コンソーシアムです。

詳細情報は以下をご参照ください。

blog.asilla.jp

以上です。

今後ともなにとぞ変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

秋はお祭り!!10/22「富士通ソリューションスクエア くすのき祭」にアジラ参戦!

本件、天候の都合(台風)で中止の可能性があります。

ご来場の際は常に最新情報をご確認くださいませ。

富士通ソリューションスクエア くすのき祭 - Fujitsu Japan  

 

弊社メンバーがたびたびおしかけております、蒲田の富士通ソリューションスクエア。

f:id:asilla:20170926173750j:plain

▲当社のITイノベーターT.A.氏推参。

 

f:id:asilla:20171014174801j:plain

▲当社マーケッターのG.A.さんも。

いま気付きましたが、季節によって花壇の花が違うんですね!!

 

後方に見えるガラス張りの美しい建築物がソリューションスクエアです。

 

f:id:asilla:20171014163913p:plain

出典:Fujitsu Solution Square|Projects|山下設計 YAMASHITA SEKKEI INC.  

 

蒲田駅から徒歩5分くらいでアクセスも良く、東野圭吾原作・二宮和也主演の映画「プラチナデータ」のロケ地として使われるほど先進的なデザインの建築物です。

この映画はDNA捜査システムで検挙率100%、免罪率0%を実現した日本を舞台とするデータサイエンティスト垂涎の近未来ミステリーです。陶芸家が見抜けないほどの芸術作品を作るロボットの話が印象的です。

そんな”遠くない未来”を感じられる蒲田ソリューションスクエアにて、10月22日(日曜日)に「くすのき祭」が開催されます!

 

開催概要

富士通ソリューションスクエアでは、地域貢献活動の一環として毎年秋に「くすのき祭」を開催しております。第12回を迎える今回はふれあい動物コーナーやチアリーダーショー・ちびっこチア体験教室といった人気イベントに加え、陸上部による「走り方教室」、未来技術のタッチ&トライ(ドローンや魔法学校)、下町ボブスレーなど、その他新しい催しも多くご用意しております。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

  • 事業所見学
  • 陸上部による「走り方教室」
  • FJリフレ、西洋フード・コンパスグループによる飲食物販売
  • 未来技術のタッチ&トライ2017
  • 富士通グループ会社等の協賛企業コーナー
  • ロードトレイン等子供向け遊具コーナー
  • 環境展示
  • 消防署・警察署による展示
  • 近隣中学校吹奏楽部よる演奏 など

出典:富士通ソリューションスクエア くすのき祭 - Fujitsu Japan  

 

この機会にぜひ未来技術(アジラの技術含む)を、お子様と体験して頂ければ幸いです!

出展する技術&サービスはこちらになります。

実証実験、成功!AIを活用した認知症高齢者の見守り体制構築へ一歩前進 - アジラプレス  

 

最後に『知と知を織り成し、未来を紡ぐ共創実践の場』、”PLY”の映像をこちらにご紹介。このコンセプトムービーのロケ地も蒲田ソリューションスクエア!!と思ってみてたら、我々のボスがご出演なさってました(笑)

こんな感じの、モノづくりの喜びが分かち合える素敵な場所だと思います。

ぜひいらしてください。

 

 

出典:PLY : Fujitsu Japan

そこのけそこのけGPU

個人用ノートPCを新しく買ったので

こんにちは!CTO相澤です。

突然ですが、みなさん、パソコンは何をお使いでしょうか?

 

デスクトップ?ノート?

Mac?windows?

 

エンジニアの方はやっぱりMacBookが多いですかね。相澤も普段はMacBookAirを使っていますが、先日もう一台あるwindowsのノートPCを新調しました。

 

せっかくなので、スペックは低いですがNVIDIAのグラフィックボード(GPU)がついているThinkPadを購入しましたよ。

目的はもちろんゲームではなく、ディープラーニングです。

f:id:jun1_0803:20171010153733j:plain

Ubuntuを載せて環境構築

 windowsのままだと環境を整えるの面倒なので、ubuntuとのデュアルブートにしてしまいます。「買ったばかりだから」とかは関係ありません。

「ubuntu デュアルブート」と検索するとトライしてる人も多いですね。

 

その後はGPUを使うための準備です。

NVIDIAから提供されているGPU向けのプラットフォームCUDAとディープラーニング用のライブラリcuDNNをインストール。

CUDAは最近9.0が発表されてますが、弊社では8系を使っているのでそれに伴って8系をインストールしました。

(apt-getなどでインストールする場合、バージョンを指定しないと9.0がインストールされてしまいます)

比べてみる

さっそく、MacBookAir、ThinkPad(GPU有り)、そして弊社でもよく使うAWSのGPUインスタンス(p2.xlarge)で、同じコードを実行し、実行速度を比べてみました。

使ったコードはtensorflowをつかった手書き数字(MNIST)の認識のトレーニングです。(隠れ層は3層、エポック数は100)

MacBookAir:92秒

f:id:jun1_0803:20171013183546p:plain

ThinkPad(GeForce940MX):25秒

f:id:jun1_0803:20171013182357p:plain

 ・AWS(Tesla K80):20秒

f:id:jun1_0803:20171013170634p:plain

という結果になりました。

ThinkPadはMacBookAirのおよそ4分の1の時間で実行できました。

AWSのコスト(p2.xlargeは1時間あたり約$1)を考えると十分ではないでしょうか。

 

さて、これを使って何を学習させようかな、、、。

手元にGPUがあるだけでワクワクしますね!みなさんの参考になれば幸いです。