読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジアのゴジラ

ディープラーニング・テクノロジー企業『アジラ』からのお知らせ

犬のしつけと人工知能のトレーニング

先日、「AI住宅」の記事を読んだらおもしろかったのでご紹介させて頂きます。

その記事中、米スタンフォード大の研究者が起業したベンチャー、ブレイン・オブ・シングスのアシュトシュ・サクセナ最高経営責任者(名前からして南アジアかな)の言葉の中から「だよねww」と思うところを3つピックアップして以下に解説しました。

 「我々のやり方は犬をしつけるのに似ている。モーションセンサーやカメラ、スイッチ、温度計などの操作情報から全ての行動を学習し、顧客の嗜好パターンをつかんでいく。スイッチのオン・オフや音声、あらゆる利用者の操作が時間や曜日などとひも付けられてAIへ嗜好を伝える信号になる。例えば「週末は普段と違って日よけを上げる操作がある」といった状況を学んでいく。ただし、性急に自動化はしない。利用者の不在時にはカーテンは開けない」

(中略)

安全上、疑わしい動きを知らせ、火の消し忘れを警告したり、床に倒れていた場合に家族や医療サービスに通知したりする機能も盛り込める認知症患者に多い、夕方から夜にかけて徘徊(はいかい)が増え、不安な状態になる『日没症候群』や睡眠障害を軽減させられる可能性もある」

(中略)

「データの中からどう雑音を取り除いていくかが、AIがうまく動くかのカギを握る。そのために私の専門である『機械学習』『深層学習』『ゲーム理論』などを使う。センサー情報の解釈に機械学習を使い、音声の認識には深層学習を使う」

出典:月額約50ドルから 米で始まる「AI住宅」の魅力 :日本経済新聞

犬のしつけ

一つ目はトレーニングについて「犬のしつけ」と表現しているところ(笑)。これは言い得て妙だな、と。毎朝、玄関から新聞を取ってくるワンコのような感覚で接してほしいとの願いも込められているのかもしれません。

f:id:asilla:20170209204312j:plain

たまには間違えることもあるでしょうし・・。

この「AI住宅」の場合だと、ご主人様である居住者の行動や音声を認識して、AIが照明や日よけを調整するようですが、その次にAIがするのは「ご主人様の反応を待つ」ですね。

センサー(カメラなど)で表情を読み取るような記載はないので、「いいね」「よくできました!」「もっと明るくしてくれ」「いや、消灯してくれ」といった音声によるレスポンスを受けて学習していく様子。まさに犬。

表情を読み取ってこれに加えたり、褒められたら喜んだりする機能を追加するとさらに親交が深まりそうです。

AIと人の関係が「親交」と呼べるのかはおいといて。

行動認識

「床に倒れていた場合に家族や医療サービスに通知」のところ。ここは将来機能のようですが、まさに弊社が研究開発を進めている分野です。

「倒れている」

「寝ている」

というのは、瞬間的に見ると同じように思えますが、時系列を追ってみると判断することが可能です(再帰型ニューラルネットワーク; RNN)。

また、日本は米国とは違い、和室ならどこでもゴロゴロしますので、文化の違いはモデルの違いに直結すると考えています。つまり日本には日本のモデリングが必要で、そこが米国サービスからの参入障壁になると考えています。

いわゆるガラパゴスというやつですね。

ノイズ除去・クレンジング 

「データの中からどう雑音を取り除いていくかが、AIがうまく動くかのカギを握る」 というのは、実感としてそのとおりだと言えます。いまもうちのデータ整備班が死ぬ死ぬ言ってやっていますが、ここにかかるリソースは半端ないですし、データのデザインこそAIの最重要項目であり、いやしかしその考え方そのものは今に始まったことではなくずっと前から変わっていないんじゃないかなと、長年データを分析してきた諸先輩方々に敬意を払うところです。

弊社の場合は、このフェーズもハノイ拠点(ベトナム)で行っているのですが、つまり「ハノイでもノイズ除去・クレンジングが可能なデータのみを扱う」というやり方をとっています。日本でこの作業をやってしまうとコストがかかってしまい、しかも成功するか失敗するか分からないのでROIが算定しづらいため事業計画が立てづらく、最終的なサービスの価格に乗せるしかなくなってしまいます。

というわけで日本のサービス各社さんは基礎研究が確立して「サービスとして使える技術」になるのを待っているはずだという希望的観測のもと我々は日々GPGPUを燃やしてモデリングに勤しんでいるわけでございます。

さて、今日はこのへんで。

そんじゃーね。

大浴場で仕事する楽しさ

最近、会社の近くにいい浴場を見つけまして、気分転換によく行くようになりました。サウナも併設されている大変コスパのいい泡ジャグジーな浴場です。今日はそのことについて書こうと思います。IT技術者(ITエンジニア)による起業について書こうと予告していましたが、もう少しまとまってからにします(・・需要無さそうだし)。

さて、大浴場。10人くらい入れますかね。

大きな湯船につかって足を伸ばすと何とも言えない満足感が得られますね。浴場の基本的な魅力についてはテルマエ・ロマエをお読み頂いて(あるいは観て頂いて)、私個人の利用法について述べさせて頂こうと思います。

浴場ひとりブレスト

正直にカミングアウトしますと、平日の昼間から行ってたりします。先日CTOにカミングアウトしたら若干ふいてました。

でも煮詰まったときなんかにお湯に浸かってリラックスしてものを考えると、いい考えが浮かびやすいですし、何より自分がリラックスできているとポジティブな考えになりやすいんですよ。

企業のトップは想像していた以上にやることが多くて、営業や開発のメインストリームはもちろんのこと、財務や会計、労務、法務、知財、弊社のような輸入企業は為替リスクをどうヘッジするか(現地売上比率を伸ばす/インパクトローン云々)みたいなことも考えなくてはなりません。なにより人事は考えても考えても「答え」ってのがなかなか出てきません。

そんなときは、肩の力を抜いてリラックスしてポジティブな思考回路で考えるのはいいことなんじゃないかと思います。結局、思案中の精神状態というのは、アウトプットに反映されると思うんですよね。

行動認識

次に、女性の皆さんにひとこと進言がございます。

男性の裸体と言えばプロレスなどのスポーツや雑誌でモデルさんが脱いだり(松潤とか?)したものを想像すると思いますが、普段そういった皆さんの美しい体型だけを見て、「これが一般的な男のカラダだ」とは思わないほうがよさそうです。

参考)【限界】嵐の半裸画像集【セクシー】 - NAVER まとめ

信州出身の私は幼い頃から温泉に行く機会が多かったのですが、久しぶりに公衆浴場に来てちょっと驚きました。男たちの体型が「進撃の巨人」に出てくる巨人みたいだなと。

参考)【進撃の巨人】巨人図鑑 - NAVER まとめ

従って、交際している男性が、CR7なのか、モブ巨人なのか、事前にチェックしておくことをオススメ致します(まあ、逆もまた然りなんですけどね!)。

さて、体型はともかく、行動には個体によってかなりの差があることがわかりました。行動とはいってもサウナに入る、水風呂にはいる、といった大きな単位の動きではなく、もう少し小さな単位の、座る時の挙動、歩く時の腰の動き、シャンプーなどの物を持つときの重心の移動などです。服を着ていると分かりにくいんですよね。

なぜこんな変態チックな観察をしているのかといいますと、弊社の今シーズンの最大の目標が「行動認識サービスの商品化」だからです。サービス企画段階の現時点では、お年寄り向け(65才超)をターゲティングしており、「若者の動きと、お年寄りの動きには大きな違いがある」という仮説のもと検証をしている、というわけです。

仮説どおりに大きな違いがあるなら認識モデルを分けてしまったほうが認識精度が高くなるはずなので、情報設計の大きな指針になりうる、とまあそういう言うわけで、意外と大事な仕事をしているというわけです。

普段接しない高齢者の皆さんとのコミュニケーションも増えてきまして、「昼間っから風呂とはいい身分だな!ガハハハ」と江戸っ子風にイジられたりしていますが、弊社のビジネス上、大変勉強になっております。

科学的管理法

そんなことをしながら、10年位前に中小企業診断士(資格)の勉強をしていたのを思い出しました。結局二次で落ちてしまってあきらめたんですが、一次試験で勉強した企業経営概論に、フレデリック・テイラーさんという20世紀初頭のアメリカで「科学的管理法」を提唱した経営コンサルの祖みたいな方がいて、彼の構築した理論やその基盤となった哲学は100年経ったいまでも共感できるところが多いのですが、彼はストップウォッチ片手に労働者の行動を観察して、作業を分解することで新たな施策を打ち出して生産性を飛躍的に向上させたそうです。

米国の企業経営論を勉強された方は、みなさんドラッガーよりもテイラーさんのほうを推すくらい偉業を成した人だそうです。

参考)科学的管理法 - Wikipedia

若干異なる部分もありますが、ヒトの行動を観察して分解して、これを認識できるようにディープラーニングを活用してトレーニングしてモデリングすることで、さまざまな用途で活用できるのでは、と弊社では考えています。

ご参考まで。

www.itmedia.co.jp

 

qiita.com

最後に宣伝です

2月27日(月)、分科会で登壇します。

南西フォーラム開催情報 / 南西フォーラム - 産学連携、企業間連携による新ビジネス創出と技術高度化。

さらに、6月28日(水)〜30日(金)に行われる、記念すべき第一回人工知能(AI)EXPOへの出展が正式に決まりました。

www.ai-expo.jp

この頃には浴場でお爺さんたちを観察して作った「お年寄り向け行動認識サービス」の基礎研究は完了している予定ですので、デモをお見せできると思います!!

御用とお急ぎでない方は、ぜひお越しくださいませm(_ _)m

日本のIT人材は『質的に?』30万人の不足に陥る

先日、ガートナージャパンの調査で、日本のIT人材は四年後に質的に30万人の不足に陥るという記事を読みました。彼らの展望は以下のとおりです。

  1. 2020年末までに、日本のIT人材 (注) は質的に30万人以上の不足に陥る
  2. 2020年までに、日本のIT部門の10%が、IT組織の「一員」としてロボットやスマート・マシンを採用する
  3. 2020年までに、オフショアリングを実施する日本のIT部門の50%が、コスト削減ではなく人材確保を目的とする
  4. 2020年までに、非IT部門が単独で進めるITプロジェクト (開発・運用・保守) の80%以上が、結局はIT部門の支援・助力を求めざるを得なくなる

ガートナー | プレス・リリース |ガートナー、2017年以降のIT人材に関する展望を発表

 

対策としては、①優秀な人材を確保する。②運用等にロボットやスマート・マシンを活用する。③オフショアリングの三つが挙げられています。 

私はこの三つにくわえ、④業界構造の変革、⑤IT技術者の起業、という2つも追加したいと思います。ポイントは「質的に」30万人が不足というところにあります。

「質的に」とはどういうことなんでしょう。

業界構造の変革

知識集約型産業とは

労働の質、いわゆる生産性を考える際に必ず考えるべきことは、その産業が知識集約型か、労働集約型かということです。

知識集約型産業とはつまり、「一騎当千」があり得る産業のことです。三国志でいうところの関羽や張飛、趙雲、呂布や夏侯惇といった「たった一人でも1000人分の働き」をすることができる産業のことです。

ITの仕事というのはこれが通用する業界であり、優秀なメンバー数名で数億円の価値を生み出せる業界と言われています。シスコシステムズのCEO、ジョン・チェンバースはそれを次のようにそれを表現しました。

「世界的なエンジニアとその仲間五人で、平均的なエンジニア二百人分を上回る生産力がある」

一騎当千とまでいかなくても、もしあなたの部下に1人の優秀な部下がいれば、これまで10日間かかっていた仕事を、3時間に短縮してさらにバッチ処理で自動的に毎週流してくれるかもしれません。

よく対比されるのは建設・土木業界で、こちらは優秀なメンバーが数人がいたとして、橋もトンネルも作れません。必要な労働力を積み上げて成果を挙げる「労働集約型産業」と呼ばれています。

日本のIT業界のモデルは何故かゼネコン同様の労働集約型のモデルで構築されており、ここで不足されているとされている30万人は労働集約型の人材と考えられます。これがいわゆるひとつの「人月工数」で計上するモデルです。

一騎当千が生まれない理由

なぜ一騎当千が生まれないのでしょう?それはビジネスモデルにあります。以下の図をご覧ください。

f:id:asilla:20170128175503p:plain

日本の約75%のIT技術者は右上ITサービス企業に所属しており、日本の多くのプロジェクトは上段のフローで推進されています。ITコストを下げたいユーザー企業と、プロジェクトの人的リソースを増やして工数を増やしたいITサービス企業の間に利益相反が起きているのがわかります。

ポイントはここです。

さあここで質問です。

ITサービス企業のIT技術者は、新たな技術やアイデアを駆使して人月工数を減らすような提案をすると思いますか?

難しいと思います。

「この技術をうまく使えば、いま現場に5人常駐しているIT技術者を1人にできます!」なんて意気揚々と提案しようものなら、営業が飛んできて引っ叩かれて「バカかお前はっ!!」と唾を撒き散らして言うでしょう。人月工数を減らしては会社の売上が落ちてしまうので、そういった提案は事実上難しいと想定されます。

その他以下のようなデメリットが考えられます。どれも生産性を著しく阻害するものです。

  • システム開発のモデルがウォーターフローになりがち
  • マルチベンダーの場合は互いに足を引っ張り合ったりする
  • ベンダーロックインによる無用なコストの発生

IT技術者の質を高めるモデル

一方、下段のモデルは企業としての「ユーザーに低価格でサービスやプロダクト提供したい」というビジョンがあれば、企画&開発は協力してそれを達成しようとするでしょう。特にIT技術者は、新しい技術やアイデアを駆使して問題を解決しようとするはずです。なぜなら、それが評価に繋がるからです。これぞまさに知識集約型産業としての力を十分発揮できるモデルと言えるでしょう。また、企画と開発が対等な関係にあれば、アジャイル開発といった思想を社内に取り入れることも可能だと思います。

ちなみに米国のIT技術者の70%は「ユーザー企業」に所属しています。つまり、下段のフローなんですね。

出典:IT人材育成事業:IT人材白書:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

結論としては、上段モデルから下段モデルへ移行していくことで一人あたりの生産性を飛躍的に向上させることができるはずです。ユーザー企業さんは積極的にIT技術者を採用して内製化及びIT技術者の企画力、マーケティング力を向上させていくことが、企業の競争力を高めることになると思います。

また、それとともに業務の選定をしっかり行って自社内で行うとコストが高くついてしまう業務については海外オフショア開発、BPOを活用するのが最良の対策だと思われます。

この方法で、どれくらい生産性が向上するのか定量化してみたいものです。

さて、次週はもうひとつの提案である「IT技術者の起業」について書きたいと思います。

以下、ご参考。