アジラだより

ディープラーニング・テクノロジー企業『アジラ』からのお知らせです

本日(2/27)の講演に来て頂いた方へ

本日はお越し頂き、誠にありがとうございました(^O^)

素晴らしい司会と出演に際し様々な段取りをしてくださった南西フォーラムSIC、町田市の皆様、適度にプレッシャーをかけつついつも笑顔で応援してくださったMBDA事務局の皆様、懇親会で名刺交換してくださったみなさん、月末のお忙しいところ来てくださった近隣の起業家のみなさん、そして出オチに笑って場を和ましてくれた大田社長にこの場をお借りして感謝申しあげます。

さて、講演内容について、いくつか補足させて頂きたいと思います。

こちらをご覧になれば、より一層理解が深まると存じます。

オルツさん

なんてタイムリーなんでしょう。

本日付の記事「人工知能(A.I)に挑戦する国内スタートアップ3社」にて、大々的に紹介されており、そのコンセプトムービーも紹介されております。

thebridge.jp

関わっているから言うわけではありませんが、総合的にみて間違いなく国内最強の人工知能(A.I)スタートアップ企業だと思われます。Check it out.

きゅうりの件

ご紹介した動画はこちらです。 

 彼のお母さんが夜遅くまで「きゅうりの仕分け」 をしているのをみかねて、エンジニアである息子さんがディープラーニングを活用した装置をつくり、お母さんの作業の代替をするというものです。

そもそもディープラーニングとは

資料中、参考にさせて頂いた記事はこちら。

thinkit.co.jp

講演では時間の関係で上記をすっ飛ばしましたので、興味のある方はぜひご覧ください。

アジラのみまもりAI

こちらです。

こちらが弊社アジラの開発中のAIサービスです。

詳細はこちらです。

blog.asilla.jp

テーマは”連携”

今回懇親会でご挨拶させて頂いた皆さんは、優れたロボット技術やドローン、カメラ・センシング系の技術を持った企業の方が多かったように思います。思わずグッときて迸ることがたびたびありました。

我々アジラの技術では「視覚野の代替」しかできませんが、カメラやセンサー(視覚や聴覚、触覚など)、マニピュレーター部(目や手足)と連携することによって様々な可能性が見いだせると考えています。

例えば、C会場で一発目のプレゼンをされた「東京航空計器株式会社:TKK」様は素晴らしいドローンの技術開発に取り組んでおられますが「障害物を認識して迂回する」「経由ポイントを効率よくまわる」といったところで課題をもっておられましたが、まさに弊社のもつ画像認識技術やデータ分析(回帰など)を用いて、協力して乗り越えられるところなんじゃないかなと思います。

最後に言いたいこと

よく「人工知能は人の仕事を奪う」と言いますが、人口統計的に我が国ジャパンは様々な業界で「人手不足」という課題に直面しています。介護業界、建設土木、IT業界などが顕著だと言われています。

そういった業界にこそ人工知能(AI)を積極的に投入して、これまで人が苦労していた仕事の負荷を緩和し、人は「人にしかできない仕事」にシフトするべきだと考えています。

前述の「きゅうり」の話に置き換えると、お母さんに夜遅くまで労働集約型のルーチンワークを強いるよりも、そこを人工知能やロボで代替することによって、お母さんは時間的な余裕を手に入れて、「より美味しいきゅうり」をつくるためにアイデアを出してみたり、ハーバード・ビジネス・レビューなんか読んじゃって、世界に通用する「きゅうり」をつくって世界中に輸出したりするかもしれません。

私は人工知能そのものの可能性よりも、労働集約型の作業を捨て、知識集約型にシフトした人の可能性のほうに大いなる期待を寄せています。

そんなかっこいいセリフで今日は締めくくりたいと思います!

f:id:asilla:20170227213810j:plain

↑このあと出オチでスベリました(T_T)

■お問合わせはこちらからどうぞ。

www.asilla.jp

改めて、本日はどうもありがとうございました(^O^)

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!