アジラだより

ディープラーニング・テクノロジー企業『アジラ』からのお知らせです

【第一回人工知能EXPO】展示会の予算を抑えたい!

ご来場ありがとうございました

Xin Chao! アジラエバンジェリストの相澤です。

 第1回AI・人工知能EXPOが無事終了しました。

お忙しい中、ご来場いただいた皆さま、誠にありがとうございました。

blog.asilla.jp

相澤は企画担当として、準備の段階から携わらせていただきました。

大学在学中は新入生のオリエンテーションイベントを主催する委員会に入っていたのですが、その時の経験がここで活きるとは思いもよらず。

EXPOが盛況だったこともあり、多くの皆さまに足を運んでいただき、感激しております。

 

さてこのエントリーでは、予算の限られた中で、どのように準備したのかをお送りしたいと思います。

展示会への出展に迷ってる、スタートアップ企業さま、ベンチャー企業さまのお役に少しでも立てれば幸いです。

f:id:jun1_0803:20170628194153j:plain

ブースの施工

展示会にもよると思いますが、今回は基本ブース(パネル、床、社名看板)はついていませんでした。 

また通常は3×3が1小間ですが、弊社は特殊小間(6×1.5)だったため、主催者を通したブース施工会社を使うのが難しく、自分で施工会社を探しました。

 

そんななかで見つけたインサイドさん。良心的なお値段で、必要最低限のブースを設営していただきました。ありがとうございます!

www.inside-infoweb.jp

レンタル物品

物品のレンタルも必要最低限に。ブース同様に自分で探しましたが、なかなか予算の折り合いが付きません。

原因はビッグサイトまでの運搬費。

というわけで、物品のレンタルは主催者が提携しているアズシーンさんに依頼をすることにしました。運搬費はこれでかかりません。もちろん主催者が出してる以外の、アズシーンさんのサイトにある物品もレンタルできます。

www.azscene.co.jp

その他

f:id:jun1_0803:20170707073531j:plain

バックパネルの装飾に、よく記者会見などの背景で使われてる、ロゴのモノグラムを使いたくて、いろいろ思案しました。

結局、行き着いた先はハノイで発注する。ベトナム法人があるからできる方法ですが、流石に日本よりもお得な値段で作ることができました。

反省としては、

  • 自社が何をやってる企業なのか、一発でわかる看板
  • 自社のプロダクトの一覧

を事前に準備できませんでした。

たとえばこれらを飲食店に置き換えると

  • ラーメンアジラの「ラーメン」という単語ない看板なので何屋かわからない
  • ラーメンアジラに入ったものの、「メニュー」がない

という状態なので、必要な準備ですね。

まとめ

準備は大変ですが、展示会はとても楽しいです。とくに自社の商品をみて、「うちの会社ではこうつかえるんじゃないか」とご来場者と直接話ができる機会は素晴らしかったです。

他のスタートアップの企業さまにも是非出展をおすすめします。