アジラプレス

私たちは人工知能を活用して、社会や人に寄り添い役に立つ「優しいAI」を開発しています

アジラの車両認識APIが「KDDI IoTクラウド API Market」上で提供されます

アジラの画像認識系AIをAPI提供する『AIRプラットフォーム(Asilla Image Recognition Platform)』から、まずは「車両認識API」がKDDI様の「KDDI IoTクラウド API Market」上で提供されることが決定致しました。

今後も多くのクラウドAIをAPIとしてご提供できるよう推進して参る所存です。

引き続き、ご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます。 

「KDDI IoTクラウド API Market」とは

KDDIは、2018年1月30日より、多様なAPIを活用することで、新たなIoTサービスの創出を促進する「KDDI IoTクラウド API Market」の提供を開始します。
「KDDI IoTクラウド API Market」は、天気、地図、音声合成、画像認識など、新しいサービスを開発する上で役に立つAPIをラインアップしており、API利用者は自社の保有するデータと連携したサービス開発が行えます。

出典:「KDDI IoTクラウド API Market」の提供を開始 | 2018年 | KDDI株式会社 

車両認識APIとは

このAPIは、画像をインプットとし、ディープラニングによる推論モデルを介して、画像内に検出された車両(自動車)のメーカーと車種の認識結果を返します。

また、バスや自転車も検出することが可能になりました。

まだ若干誤認識もありますが、引き続き、あらゆるパターンでの認識精度を向上していくとともに、ボディカラーなどの識別機能の追加を進めております。

▼詳細はこちらをご覧ください。

マーケティング、防犯、販売促進など様々なポテンシャルのあるAPIになっております。ぜひ試しにご利用になってくださいませ(KDDI様のMarketにて、一定のリクエスト数まで無料利用可能です)。

blog.asilla.jp

 

また、こちらのAPIは先日の「Webとクルマのハッカソン2018」において、API協賛というかたちで参加者の皆様にお使いいただき、いくつかのご要望や気付きを頂きましたので、そのあたりも今後、追加の機能として実装していきたいと考えております。

引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。