アジアのゴジラ

ディープラーニング・テクノロジー企業『アジラ』からのお知らせ

アジラのエンジニアはどこにいますか?

Xin chao!(ベトナム語でこんにちは!)

代表以外の初めてエントリになります。

大人の事情でまだ名乗れませんが、来るときが来たら、改めて自己紹介させていただきます。

さて先日、東京ビッグサイトで開催された「CareTEX2017」という介護系の展示会に行ってまいりました。

弊社出展予定の人工知能エキスポと、弊社が取り組んでいる「高齢者見守りAIサービス」の情報収集が目的です。

ロボット・AIコーナーがありましたが、AIを使っているサービスは少なく、残念な印象という感想です。

こういう業界にこそ必要だと思うのですが、、、。

エンジニアも外にでよう

自分はエンジニアの端くれですが、実はこのような展示会に行くのは初めてでした。
大袈裟かもしれませんが、外にでると、普段、椅子に座ってPCに向かっているのとは別の発見があります。

たとえば、弊社の取り組んでいる、「高齢者見守りAIサービス」。

サービスにはカメラが必要不可欠ですが、CareTEXで各社の実物をみて感じたのは、

  • モバイル性がある
  • カワイイかたち

に搭載されているカメラを使うのが良いのでは感じました。

これはほんの一例ですが、エンジニアも社内でコーディング、エンジニアリングするだけでなく、営業メンバーに同行して現場の声を聴いたり、イベントで焼きそばを振る舞ったりすることで、よりクリエイティブになれるのではと思っています。

弊社主催のイベントを開催するときが来たら、焼きそばではなく、フォーを振る舞おうと思います。もちろん作るのは代表をはじめとするエンジニア集団です。

f:id:asilla:20170325112701j:plain

▲デウーホテルのフォー・ガー

幸い弊社にはいつでも外に出れる土壌が整っています。この辺の効果に関しては、また別途レポートしたいと思います。

代表と肩を並べて、風呂屋でコーティングする日も近いかもしれません、、、。

では、また。Hen gap lai!(また会いましょう)