アジラだより

ディープラーニング・テクノロジー企業『アジラ』からのお知らせです

「キミが変われば街も変わる」ピープルデザイン研究所のコミュニケーションチャーム

コミュニケーション・チャームをご存知でしょうか?

f:id:asilla:20170827121325j:plain

シブヤ発ピープルデザインさんの「超」福祉プロジェクトのひとつです。

言葉が通じなくても指さしで意思疎通ができる

街中で、「困っていたら私に声をかけてください!」、「私、何でもお手伝いします!」、「ハンディがある方をサポートをします!」という意思を表明してくれた方に、そのサインとして身に付けてもらうチャームです。
日本に来た外国人の方が、言葉が通じなくても指差しで、対話できる様、困った時に良く使うという6つをアイコン化し、デザインしたコミュニケーションカードに、カラフルなゴム製のストラップを付けました。
編んだりカスタマイズしたり、腰からぶら下げたり、バッグのチャームとして使用したり、その日のファッションにあわせて、様々なアレンジで着用できるようになっています。
ちょっとした思いやりの気持ちを行動にかえる。”make somebodyshappy!”

コミュニケーションチャーム|ピープルデザイン研究所

先日、ある企業の方から紹介され、調べてみたところ「無理なくカッコよく支えあう」というカジュアルな感じに共感してしまい、わたしも早速装着してみました。

その方は言いました「これは自分の”覚悟”の表明だよ。いざ困っている人がいたときに、行動できるかどうかは、覚悟だと思うんだよね」と。また、「もし自分が疲れて人を助けられないときは、チャームをしまって他の人に任せればいい」とも。

なるほど、これは自分史上とても斬新な感覚でした。

ボランティアをナメるな、そんな甘いものじゃない、だったり、~しなければならない、~であるべき、と言われてしまうと、「えー・・。また次の機会で・・」と回避しがちな自分ですが、自主的にこういった試みに参加するのは初めてです。

お困りの方、(コミュニケーション・チャームが出てたら)ぜひお声がけください。

f:id:asilla:20170827114029j:plain

▲装着時の様子

一方、ベトナムでは

そこらへん歩いていると、いろんなことを頼まれます。

例えば、見ず知らずのおばちゃんに「この石、向こうまで運んでくれんか」と言われて運んだり、くだもの屋さんで「店番してて」と言われて店番することは日常茶飯事です。あと、(バイク)押し掛けするから押してとか。

f:id:asilla:20170827122057j:plain

(▲店主席からみる品揃え。その後戻ってきた店主に褒美のマンゴスチンをもらいました)

国民全員がゆるい家族のような関係で、頼むのも頼まれるのもすごく敷居が低いベトナムは、既に心の中にコミュニケーションチャームが内蔵されていると言えるでしょう。

素晴らしい国民性だとわたしは思います。

(戦後の日本も、助け合いの閾値が低かったと聞いたことがあります。)

AIの観点で

我がアジラは社内の満場一致で「やさしいAI」を標榜しています。

コミュニケーション・チャームと同じように、誰かの助けでありたい。裏方とか、縁の下の力持ちと呼ばれる存在でありたい。

そのように考えています。

そのコンセプトを社内の共通認識にすることで、全員ブレなく迷いなくまっすぐ前進していけると信じています。

引き続き「アジラに一点の曇りなし」と言ってもらえるようなホワイトなユニコーンを目指して進んでいきます(^▽^)/

 

f:id:asilla:20170827114025j:plain

▲こんな感じで届きます。

 

f:id:asilla:20170827114027j:plain

▲裏紙

 

詳しくはこちらから

コミュニケーションチャーム|ピープルデザイン研究所

 

以上、町田からお伝えしました。

アジラ代表木村