アジラプレス

私たちは人工知能を活用して、社会や人に寄り添い役に立つ「優しいAI」を開発しています

日本経済新聞・朝刊(12/5)に掲載されたアジラの行動認識技術は、なにができるのか?

行動認識技術で何ができるのか

文章や言葉ではイメージしにくいため、動画でご紹介させて頂きます。

 


アジラの行動認識技術で何ができるのか?2019版

 

こういった利用用途を前提に、各業界にて導入検討が進んでいます。 日本の人手不足を救うAIテクノロジーとして注目されています。

 

日本経済新聞・朝刊(12/5)

こちらからご覧ください(※有料記事)。

www.nikkei.com

以下、一部抜粋。

アジラ 映像から人の動きを正確に認識

アジラ(東京都町田市)は人工知能(AI)を活用し、映像から人の動きを正確に認識する行動認識技術を持つ。映像を分析して危険を知らせたり、評価したりするシステムに利用する。介護や防犯、各種技術の熟練度向上といった分野での実用化を目指す。

映像の中で、映っている人の頭、胴、腕や足の関節などを座標にして線で結ぶ。線による人型の動きを、時系列で細かく追う深層学習(ディープラーニング)により「転倒」「正しい姿勢」などと分類する。特殊なカメラ、センサーや、人の動きを3次元化して分析するモーションキャプチャー技術で使われるマーカーなどは不要だ。

介護の現場では、要介護者が倒れたときと部屋で横になったときの動きを区別し、異常があれば離れた場所にいる人に知らせる仕組みに応用できる。作業の熟練度のチェックではベテランと若手の工員の作業を分析し、モデルとなるベテランに比べて、若手がどのくらい技術が上達したのかを映像から自動的に採点する。

 お問い合わせ

オフィシャルサイトからお気軽にどうぞ。

株式会社アジラ: 私たちは人工知能を活用して、社会や人に寄り添い役に立つ「優しいAI」を開発しています

 

引き続き、どうぞよろしくお願いします。

f:id:asilla:20181206151200j:plain

事業コンセプト「みんなに優しいAIを」